メール配信とは何なのか?

大量の配信を負担なく短時間に行える

会社やお店の経営をしていれば顧客がいて、日々メールを使ってコミュニケーションをとるでしょう。会社として顧客に対して一斉に情報を配信するときもあり通常は自社のメールの仕組みを利用します。誰に送るのかを手作業で設定し、さらに送るときには自社のネットワークを使うのでどうしてもネットワークに負荷がかかるのが問題でした。メール配信サービスは専用のサービスを利用してこれらの作業負担を軽減したりネットワークの負担を減らせるのがメリットです。あらかじめ登録をしておけばいちいち配信先を登録する必要がありません。クラウドタイプであれば自社内のネットワークを利用しないので自社のネットワークに負荷がかからず、一瞬で一斉に配信も可能です。

ステップメールなら顧客の絞り込みが可能

顧客に対してメールを使ってアプローチをし、見込み客を絞り込んでから訪問をする営業手法があります。通常は個々の営業担当者がメールの文章を作成し、顧客の対応なども行うので電話や訪問より楽でありながらそれなりの手間がかかっていました。メール配信サービスの中にステップメールがあり、うまく使えば営業社員の業務を大幅に減らせるでしょう。事前に段階別のメールを作成しておき、顧客の反応により次に送るメールを決めていきます。一旦設定するとメールを送る作業はすべてメール配信システムが行ってくれるので、最終的に残った顧客が見込み客として自動的に絞り込める仕組みです。事務作業が減るだけでなく配信ミスによるトラブルを減らせるのもメリットになるでしょう。